▼神橋ホームページへ
▼二荒山神社ホームページへ
四月十二日
献菓祈菓業祭(けんか-きかぎょうさい)
  午後3時30分 本社拝殿
  県内菓子業者が弥生祭に先だって各銘菓をお供えし、商売の繁昌を祈る祭
四月十三日
神輿飾祭(しんよ-かざりさい)
  午後1時 本社拝殿
  本社・滝尾・本宮の三社の神輿を本社拝殿にお飾りする祭り
献灯式(けんとうしき)
  午後5時 本社
  境内灯ろうに灯をともす
四月十四日
滝尾神社神輿渡御発輿祭(たきのおじんじゃ-しんよとぎょ-はつよさい)
  午後1時 本社拝殿
  滝尾神社の神輿一基が滝尾神社に渡御する祭り
酒迎式(さかむかえしき)
  午後2時頃 東照宮表門前
  滝尾神社へ渡御途中、東照宮表門前にて東照宮神職が、神輿に神饌をお供えし拝礼する儀式
滝尾神社神輿着輿祭(たきのおじんじゃ-しんよちゃくよさい)
  午後3時頃 滝尾神社
  神輿が滝尾神社に到着の祭りで、これより16日朝の発輿まで留まる
四月十五日
氏子大祭(うじこたいさい)
  午前10時 本社拝殿
  氏子の家内安全を祈願する祭り
四月十六日
滝尾神社神輿還御発輿祭(たきのおじんじゃ-しんよかんぎょはつよさい)
  午前9時 滝尾神社
  滝尾神社の神輿が行者堂前を通り本社へ還る
本社本宮神社神輿発輿祭(ほんしゃ-ほんぐうじんじゃ-しんよはつよさい)
  午前9時 本社拝殿
  本社と本宮神社の神輿が高天原へ渡御し、滝尾神社の神輿をお迎えする
高天原神事(たかまがはらしんじ)
  午前9時30分 本社神苑内の高天原
  高天原にて滝尾神社の神輿をお迎えし、滝尾神社・本社・本宮神社の神輿に八乙女が神酒をお供えし、二荒山神社に古くより伝わる御前神楽を奏する
本社・滝尾・本宮神社三神輿還御着輿祭(ほんしゃ-たきのお-ほんぐう-さんしんよかんぎょちゃくよさい)
  午前10時 本社拝殿
  三神輿が拝殿に還り、神饌を供える
宵まつり(よいまつり)
  午後2時30分 各町家体二荒山神橋集結
  午後2時40分 宵まつり式典(神橋境内)
  午後2時50分 登橋神事・手打ち式(神橋上)
 
神橋の上で、東西両町代表者が男体山を遥拝し、手打ち式を行う。
弥生祭宵まつり限定特別企画「良い縁祈願笹めぐり」
  午前9時〜午後5時
家体をめぐって良い縁祈願!
市内に繰り出す家体をめぐりご利益短冊を集める、弥生祭宵まつり限定の特別企画です。
 
日光二荒山神社でご祈祷を受けた笹(造花)を、(一社)日光市観光協会日光支部〔 日光郷土センター、東武日光駅観光案内所、JR日光駅観光案内所 ]にて配布します。
笹を持って各町家体を訪ねると、ご利益短冊がもらえます。(家体は全11ヶ町ございます。)
短冊は、日光二荒山神社にてご祈祷を受けており、ご利益は、各町で異なります。
笹につけた短冊に願いを込めてお祈りください。
各町短冊のご利益は以下のとおりです。
<東町>
◇下鉢石町:福徳・金運、◇御幸町:幸運・招福、◇石屋町:身体健全、◇松原町:運気上昇、◇稲荷町:家内安全・商売繁盛、◇東和町:交通安全、◇上鉢石町:開運・良縁
<西町>
◇花石町:智恵・学業、◇板挽町:健康・長寿、◇安川町:勝運・繁栄、◇大工町:立身出世・恋愛成就
お問合せは(一社)日光市観光協会日光支部 TEL 0288-54-2496
四月十七日
例祭(れいさい)
  午前10時 本社拝殿
  献幣使参向のうえ例祭を執行し、国家の安泰と氏子崇敬者の安全を祈願する
三神輿本宮渡御発輿祭(さんしんよ-ほんぐうとぎょはつよさい)
  正午 本社拝殿
  三神輿渡御行列を整えて上神道から中山通り、長坂を経て本宮神社へ渡御する
三神輿本宮着輿祭(さんしんよ-ほんぐうちゃくよさい)
  午後1時 本宮神社
  宮司以下供奉員200名、二荒山神社発祥の地である本宮神社にて祭儀を行う
三神輿本宮還御着輿祭(さんしんよ-ほんぐうかんぎょちゃくよさい)
  午後2時 本社拝殿
  本宮神社より下神道を通り本社へ還る
東西両町家体献備 午前11時頃 境内繰り込み
奉納余興 正午 本社境内特設舞台
神明廻り 午後3時頃
拝殿前手打ち式 神明廻り終了後
  • トップページ
  • 弥生祭日程表
  • ライブカメラ
  • チラシダウンロード
  • 2017年チラシ
  • 2016年チラシ
  • 2015年チラシ