MENU  |TOP由緒案内祭典案内祭典行事自然情報写真コンテスト特集リンク問合せ生々情報
LINK  | 神道お伊勢さん神さまなかよ市森のこどもとちぎのお社とちぎの酒日光の観光

本社のお花
 令和2年 本社のお花
 令和元年 本社のお花
 平成27年 本社のお花
 平成26年 本社のお花
 平成25年 本社のお花
 平成24年 本社のお花
 平成23年 本社のお花
 平成22年 本社のお花
 平成21年 本社のお花
 平成20年 本社のお花
 平成19年 本社のお花

■境内のご案内
 中宮祠(日光連山)
  中宮祠
  男体山奥宮
  太郎山神社
  志津宮
  赤薙山神社
  女峰山神社
  大・小真名子山神社
 本社(日光市山内周辺)
  滝尾神社
  神橋
  本社
  本宮神社
  北野神社
  滝尾高徳水神社

■宝物館
 収蔵品
 出陳の案内
 特別展 
  H17 秘蔵の名宝特別公開 『美の真髄に酔う』
  H16『本領発揮!珠玉の名刀と至極の出土品』第2部(夏)
  H16『本領発揮!珠玉の名刀と至極の出土品』第1部(春)
  H15『二荒山から見た江戸という世界』第1部(春)
  H14『山頂未公開出土品特別公開』第2部(夏)
  H14『山頂未公開出土品特別公開』第1部(春)
 今週のお宝
 建物
  内観
  外観
 常設展
  2階展示室
  1階展示室
 本社
  神苑

■えんむすび
 寿・ブライダル
  ご案内
 安産子種石守
  ご案内
  ご紹介

■中宮祠酒々楽会
 平成19年3月4日開催の地酒

■NEW 紅葉情報

H16『本領発揮!珠玉の名刀と至極の出土品』第1部(春)

[重要文化財 大太刀 備州住兼重作 ]
拡大 : 800x600  撮影日 : 2004/05/09

 当社所蔵の太刀 遠近と同様、他に作例を見ない我国でも珍しい太刀です。
姿は身幅広く、大鋒(おおきっさき)ながら踏張り充分の南北朝期(初頭か)の大太刀です。    
 又、刀身表の応永の奉納銘も貴重であり、奉納者の名前は藤原威季、或は盛季と判読できます。
 作者の兼重については備前の国の長義の弟と銘鑑にありますが、銘を「備州住」とする切り方は、他の例からすると備後物に多く見られ、この大太刀の作風も備後物と考えられます。

■2Fの特別展示室にて公開中■
平成16年5月1日〜7月30日まで


 宝物館が本領発揮!至極と珠玉の競演をぜひ御覧下さい!


重要文化財 三鈷柄付剣



栃木県文化財 太刀 景秀



重要文化財 豊後国行平



重要文化財 太刀 吉平



重要文化財 大太刀 山金造蛭巻大太刀



重要文化財 大太刀 号 瀬登太刀



重要文化財 大太刀 備州長船康光



重要文化財 大太刀 備州住兼重作 


 
>> NEXT

Copyright (C) 2002 Nikko Futarasan-jinja. All Rights Reserved